排尿障害改善剤・降圧剤 エブランチル 情報サイト科研製薬株式会社
ebrantil.jp
エブランチル情報サイトCONTENTS
エブランチル情報サイト更新情報
エブランチルの開発の経緯
エブランチルの特徴
エブランチルの組成・性状
エブランチルの禁忌、効能・効果等
エブランチルのエブランチルの使用上の注意
エブランチルの添付文書・インタビューフォーム・くすりのしおり
エブランチルの相互作用
エブランチルの患者指導用資材
エブランチルの主要文献
エブランチル情報サイトCONTENTS
エブランチルFAQ(よくある質問)
エブランチルFAQ(よくある質問)
エブランチルFAQ(よくある質問)
神経因性膀胱に伴う排尿困難
神経因性膀胱に伴う排尿困難
神経因性膀胱に伴う排尿困難
前立腺肥大症に伴う排尿障害
前立腺肥大症に伴う排尿障害
前立腺肥大症に伴う排尿障害
エブランチル情報サイトホーム>エブランチルの相互作用 サイトマップ
エブランチルの相互作用
併用注意(併用に注意すること)
薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子
利尿剤
 フロセミド等
降圧剤
 ニフェジピン等
過度の降圧を起こすおそれがあるので、用量を調節すること。 降圧作用の作用機序の違いによる相加・相乗作用と考えられる。
ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤
 シルデナフィルクエン酸塩
 バルデナフィル塩酸塩水和物
併用により、症候性低血圧があらわれるとの報告がある。 これらの薬剤は血管拡張作用を有するので、本剤の降圧作用を増強するおそれがある。